幼児の紫外線対策をしましょう

大人、特に女性の場合は紫外線が肌老化を招くということで、紫外線対策をしっかりしている人が多いです。では赤ちゃんや幼児の場合はどうでしょう。一昔前までは、真っ黒に日焼けしている子どもが健康的だと思われていましたが、近年は紫外線が皮膚がんや白内障といった体に悪い影響を与えることがわかってきており、小さいうちから積極的に対策を行うことが勧められています。

子どものころから紫外線対策が必要な理由として、子どものころに紫外線を浴びた量が多いほど、大人になってから皮膚がんなどの病気を発症する確率が高くなることがわかってきているからです。もちろん、女性が気にしている、しみやしわといった肌老化も、子どものころから紫外線を浴びた量が大きく影響してきます。

また、人が生きている間に浴びる紫外線の量の半分は、18歳までの子どものころに浴びているといわれています。ですから、子どもが外出するとき、外遊びするとき、スポーツするときには、紫外線対策をしっかりしておく必要があるのです。

対策のポイントとしては、帽子をかぶる、日焼け止めを塗る、紫外線の強い時間帯は外出しない、といったところです。帽子はツバの部分が広いほど、紫外線をカットする確率が高くなります。首やうなじ、耳が覆えるとなお良いです。ベビーカーで移動する場合は日よけを付けてあげましょう。

また、最近は一般的になってきた日焼け止めですが、子ども用のものを選びましょう。子どもの肌はとてもデリケートです。効果の強さを考えて大人用のものを使用すると、肌が赤くなったりかぶれてしまったりすることもあります。子ども用の日焼け止めは低刺激で、安全な成分でつくられているものが多いです。直接肌に塗るものなので、敏感肌の子どもの場合はパッチテストをしましょう。日常の外出なら、SPF15、SPF20ぐらいの日焼け止めで十分です。長時間外にいる時には、塗り直して効果を維持させましょう。また、石鹸で落とせるものを選ぶと、入浴時に簡単に日焼け止めを落とすことができます。肌に日焼け止めが残ると肌トラブルの元になるので、優しく洗い、しっかり落とすようにしましょう。

その他、紫外線の多い時間帯を避けるのもポイントです。午前10時ごろから午後2時ごろまでは、1日の中で一番紫外線の量が多いといわれています。外で子どもを遊ばすときには、時間帯を意識してあげるのもおすすめです。日の当たる場所よりも日陰のほうが紫外線の量がおよそ半分に減るので、日陰を利用するのもよい方法です。

幼児の紫外線対策におすすめの日焼け止めとはどんなもの?

近年、紫外線についての研究が進んでいます。紫外線は、DNAの一部に傷を作り、その修復を繰り返すことによって、徐々にダメージが蓄積していくということが分かり始めています。幼いころから紫外線を多く浴び続けていると、皮膚がんや白内障、アレルギーなどが起こるリスクが高まるということも明らかになりました。 わが子を守るためにも、幼児のころから紫外線対策は万全にしておく必要があります。

紫外線対策としてまず初めにイメージできるのが、日焼け止めではないでしょうか。現在は、ベビー用、キッズ用など幅広く展開されています。幼児におすすめの日焼け止めは、肌に優しいものです。大人用の日焼け止めには、紫外線吸収剤や、合成ポリマー、合成界面活性剤など、肌の油分を奪い乾燥や肌荒れを招きかねない成分が多く配合されていることがあります。これらは紫外線カット効果を高める目的で添加されていますが、肌を守るはずの日焼け止めで肌荒れを起こしては本末転倒です。特に、幼児はまだ肌が弱いため、肌に塗るものにも注意を払わなければなりません。キッズ用と明記されていても、注意が必要です。

ポイントは、肌に良くない成分が含まれていないものです。しかし、それを見極めるのはなかなか難しいですよね。簡単な見分け方としては、含まれている成分や原材料がシンプルで少ないものを選ぶことです。合成界面活性剤ではなく、天然の界面活性剤であるカリ石ケン素地を使用している、シアやホホバオイルなど肌に優しい油分を利用している、ケミカルな成分を極力使用していないなども見分けるポイントとなります。

遊びたい盛り真っ只中の幼児は、日焼け止めを塗る時間も惜しいと感じるほど、とにかく外遊びが大好きです。塗りやすさや、取り出しやすさもポイントになるのではないでしょうか。出しやすい形状のパッケージであること、塗りやすいテクスチャーであることも考慮しておきましょう。

また、いくら肌に優しい成分だからと言って、成分が落としきれないままに肌に付着し続けていると、汚れが溜まって雑菌が繁殖し肌荒れを起こすことが考えられます。クレンジングの手間が無く、石けんでもしっかりと落とせるものを選ぶのがお勧めです。

つばの広い帽子や、紫外線カット効果のある衣類などを装着させることはもちろんですが、紫外線の強い場所や時間帯を避けて遊びに行くことも大切です。紫外線対策を上手に行い、家族で健やかな肌を守っていきましょう。

更新履歴