幼児におすすめの日焼け止めで紫外線対策

近年、紫外線についての研究が進んでいます。紫外線は、DNAの一部に傷を作り、その修復を繰り返すことによって、徐々にダメージが蓄積していくということが分かり始めています。幼いころから紫外線を多く浴び続けていると、皮膚がんや白内障、アレルギーなどが起こるリスクが高まるということも明らかになりました。
わが子を守るためにも、幼児のころから紫外線対策は万全にしておく必要があります。
紫外線対策としてまず初めにイメージできるのが、日焼け止めではないでしょうか。現在は、ベビー用、キッズ用など幅広く展開されています。幼児におすすめの日焼け止めは、肌に優しいものです。大人用の日焼け止めには、紫外線吸収剤や、合成ポリマー、合成界面活性剤など、肌の油分を奪い乾燥や肌荒れを招きかねない成分が多く配合されていることがあります。これらは紫外線カット効果を高める目的で添加されていますが、肌を守るはずの日焼け止めで肌荒れを起こしては本末転倒です。特に、幼児はまだ肌が弱いため、肌に塗るものにも注意を払わなければなりません。キッズ用と明記されていても、注意が必要です。
ポイントは、肌に良くない成分が含まれていないものです。しかし、それを見極めるのはなかなか難しいですよね。簡単な見分け方としては、含まれている成分や原材料がシンプルで少ないものを選ぶことです。合成界面活性剤ではなく、天然の界面活性剤であるカリ石ケン素地を使用している、シアやホホバオイルなど肌に優しい油分を利用している、ケミカルな成分を極力使用していないなども見分けるポイントとなります。
遊びたい盛り真っ只中の幼児は、日焼け止めを塗る時間も惜しいと感じるほど、とにかく外遊びが大好きです。塗りやすさや、取り出しやすさもポイントになるのではないでしょうか。出しやすい形状のパッケージであること、塗りやすいテクスチャーであることも考慮しておきましょう。
また、いくら肌に優しい成分だからと言って、成分が落としきれないままに肌に付着し続けていると、汚れが溜まって雑菌が繁殖し肌荒れを起こすことが考えられます。クレンジングの手間が無く、石けんでもしっかりと落とせるものを選ぶのがお勧めです。
つばの広い帽子や、紫外線カット効果のある衣類などを装着させることはもちろんですが、紫外線の強い場所や時間帯を避けて遊びに行くことも大切です。紫外線対策を上手に行い、家族で健やかな肌を守っていきましょう。