幼児の紫外線対策について

大人、特に女性の場合は紫外線が肌老化を招くということで、紫外線対策をしっかりしている人が多いです。では赤ちゃんや幼児の場合はどうでしょう。一昔前までは、真っ黒に日焼けしている子どもが健康的だと思われていましたが、近年は紫外線が皮膚がんや白内障といった体に悪い影響を与えることがわかってきており、小さいうちから積極的に対策を行うことが勧められています。

子どものころから紫外線対策が必要な理由として、子どものころに紫外線を浴びた量が多いほど、大人になってから皮膚がんなどの病気を発症する確率が高くなることがわかってきているからです。もちろん、女性が気にしている、しみやしわといった肌老化も、子どものころから紫外線を浴びた量が大きく影響してきます。

また、人が生きている間に浴びる紫外線の量の半分は、18歳までの子どものころに浴びているといわれています。ですから、子どもが外出するとき、外遊びするとき、スポーツするときには、紫外線対策をしっかりしておく必要があるのです。

対策のポイントとしては、帽子をかぶる、日焼け止めを塗る、紫外線の強い時間帯は外出しない、といったところです。帽子はツバの部分が広いほど、紫外線をカットする確率が高くなります。首やうなじ、耳が覆えるとなお良いです。ベビーカーで移動する場合は日よけを付けてあげましょう。

また、最近は一般的になってきた日焼け止めですが、子ども用のものを選びましょう。子どもの肌はとてもデリケートです。効果の強さを考えて大人用のものを使用すると、肌が赤くなったりかぶれてしまったりすることもあります。子ども用の日焼け止めは低刺激で、安全な成分でつくられているものが多いです。直接肌に塗るものなので、敏感肌の子どもの場合はパッチテストをしましょう。日常の外出なら、SPF15、SPF20ぐらいの日焼け止めで十分です。長時間外にいる時には、塗り直して効果を維持させましょう。また、石鹸で落とせるものを選ぶと、入浴時に簡単に日焼け止めを落とすことができます。肌に日焼け止めが残ると肌トラブルの元になるので、優しく洗い、しっかり落とすようにしましょう。

その他、紫外線の多い時間帯を避けるのもポイントです。午前10時ごろから午後2時ごろまでは、1日の中で一番紫外線の量が多いといわれています。外で子どもを遊ばすときには、時間帯を意識してあげるのもおすすめです。日の当たる場所よりも日陰のほうが紫外線の量がおよそ半分に減るので、日陰を利用するのもよい方法です。